6/20 仮放免者の会デモへ参加

6月20日、国連の定める世界難民の日に合わせて当事者の団体である

「仮放免者の会」が行ったデモに支援者としてBONDも参加しました。

梅雨時期のかなり蒸し暑いなかでしたが、当事者の皆さんが集まり、ともに入管施設内での差別・抑圧行為、チャーター機によるむりやり送還に対する抗議と、在留資格獲得を訴えました。

東京入国管理局の前に差し掛かると、施設内に収容されている方々からも助けを求める大きな声、そして窓ガラスにはたくさんの手が見え、過酷な閉鎖空間のなかで一日も早く出ることを望んでいる被収容者の必死の思いがひしひしと伝わってきました。

今回のデモはこれまでにも増して多くの当事者が集まり、迫力ある訴えの声を挙げてたことに感動する一方で、訴えを正面からまともに聞き入れようともせず、平気で人権侵害をも行う入管行政の酷さに憤りを覚えるとともに、支援者として、これ程の大きな思いを持って日々を過ごしている当事者の方々を本当にサポートしていかなければならないという責任も感じました。

BONDとしても、当事者に寄り添い今後も支援活動を継続していきたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000