東京出入国在留管理局の収容場における新型コロナウイルスのクラスター発生に対し申入れを行いました

東京出入国在留管理局の収容場において、2021/2/15週に新型コロナウイルスのクラスターが発生したことを受けて、BONDは2021/2/19(金)に、東京出入国在留管理局の局長に対して以下のとおり申入れを行いました。

※上記申入書で言及している2020/4/30の出入国在留管理庁長官宛ての申入書はこちら

このクラスター発生により被収容者との面会は中止されているため、BONDでは被収容者からの電話をメインの手段として内部の状況の把握に努めています。自由に身動きが取れない状態でクラスターに直面している被収容者の体調・精神状態が心配です。


BONDは、引き続き東京出入国在留管理局及び出入国在留管理庁の対応状況を注視し、被収容者の心身の安全が確保されるよう、活動を続けてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000